Pen Settings

HTML

CSS

CSS Base

Vendor Prefixing

Add External Stylesheets/Pens

Any URLs added here will be added as <link>s in order, and before the CSS in the editor. You can use the CSS from another Pen by using its URL and the proper URL extension.

+ add another resource

JavaScript

Babel includes JSX processing.

Add External Scripts/Pens

Any URL's added here will be added as <script>s in order, and run before the JavaScript in the editor. You can use the URL of any other Pen and it will include the JavaScript from that Pen.

+ add another resource

Packages

Add Packages

Search for and use JavaScript packages from npm here. By selecting a package, an import statement will be added to the top of the JavaScript editor for this package.

Behavior

Save Automatically?

If active, Pens will autosave every 30 seconds after being saved once.

Auto-Updating Preview

If enabled, the preview panel updates automatically as you code. If disabled, use the "Run" button to update.

Format on Save

If enabled, your code will be formatted when you actively save your Pen. Note: your code becomes un-folded during formatting.

Editor Settings

Code Indentation

Want to change your Syntax Highlighting theme, Fonts and more?

Visit your global Editor Settings.

HTML

              
                <div class="sample">
    <figure class="sample__image">
        <img src="https://column.webbingstudio.com/images/demo/ZERawdX_01.jpg" width="150" height="150" alt="">
    </figure>
    <div class="sample__contents">
        吾輩は猫である。名前はまだ無い。
    </div>
</div><!-- /.sample -->

<div class="sample">
    <figure class="sample__image">
        <img src="https://column.webbingstudio.com/images/demo/ZERawdX_01.jpg" width="150" height="150" alt="">
    </figure>
    <div class="sample__contents">
        吾輩は猫である。名前はまだ無い。どこで生れたかとんと見当がつかぬ。何でも薄暗いじめじめした所でニャーニャー泣いていた事だけは記憶している。吾輩はここで始めて人間というものを見た。しかもあとで聞くとそれは書生という人間中で一番獰悪な種族であったそうだ。この書生というのは時々我々を捕えて煮て食うという話である。しかしその当時は何という考もなかったから別段恐しいとも思わなかった。ただ彼の掌に載せられてスーと持ち上げられた時何だかフワフワした感じがあったばかりである。吾輩は猫である。名前はまだ無い。どこで生れたかとんと見当がつかぬ。何でも薄暗いじめじめした所でニャーニャー泣いていた事だけは記憶している。吾輩はここで始めて人間というものを見た。しかもあとで聞くとそれは書生という人間中で一番獰悪な種族であったそうだ。この書生というのは時々我々を捕えて煮て食うという話である。しかしその当時は何という考もなかったから別段恐しいとも思わなかった。ただ彼の掌に載せられてスーと持ち上げられた時何だかフワフワした感じがあったばかりである。吾輩は猫である。名前はまだ無い。どこで生れたかとんと見当がつかぬ。何でも薄暗いじめじめした所でニャーニャー泣いていた事だけは記憶している。吾輩はここで始めて人間というものを見た。しかもあとで聞くとそれは書生という人間中で一番獰悪な種族であったそうだ。この書生というのは時々我々を捕えて煮て食うという話である。しかしその当時は何という考もなかったから別段恐しいとも思わなかった。ただ彼の掌に載せられてスーと持ち上げられた時何だかフワフワした感じがあったばかりである。
    </div>
</div><!-- /.sample -->

<div class="sample">
    <figure class="sample__image">
        <img src="https://column.webbingstudio.com/images/demo/ZERawdX_01.jpg" width="150" height="150" alt="">
    </figure>
    <div class="sample__contents">
        https://example.com/abcdefgABCDEFG/abcdefgABCDEFG/abcdefgABCDEFG/abcdefgABCDEFG/abcdefgABCDEFG/abcdefgABCDEFG/abcdefgABCDEFG/abcdefgABCDEFG/abcdefgABCDEFG/abcdefgABCDEFG/
    </div>
</div><!-- /.sample -->

              
            
!

CSS

              
                body {
    padding: 3rem;
}

figure {
    /* figure要素はほとんどのブラウザでmarginがあることに注意 */
    margin: 0;
}

img {
    /* 要素の幅を超えたら縮まるようにしておく */
    max-width: 100%;
    height: auto;
}

.sample {
    /*
    display: flex を指定すると
    その要素のすぐ下(子要素)がすべて、水平+上揃えで整列する
    */
    display: flex;

    /* 左右の余白 */
    gap: 0 30px;
}

.sample + .sample {
    /*
    .sample が連続しているときに
    2個目以降に上余白ができる
    */
    margin-top: 45px;
}

.sample > * {
    /*
    flex: 1 は以下と同じ
    flex-grow: 1;
    flex-shrink: 1;
    flex-basis: 0%;
    可能な限り幅を伸ばす
    */
    flex: 1;
}

.sample__image {
    /*
    max-widthで幅を固定する
    */
    max-width: 150px;
}

.sample__image img {
    /*
    display: block か vertical-align: bottom 必須
    画像の下に行高さ分のすき間が空いてしまう
    */
    vertical-align: bottom;
}

.sample__contents {
    line-height: 1.75;

    /*
    word-break: break-allを指定しておかないと、URLなどの英数字の羅列が入ったときに崩れる
    */
    word-break: break-all;

    /*
    行間を設けると、上が少し空くため「完璧な上揃え」にはならない
    こだわる場合は ( ( 行間 - 1 ) / -2 ) * 1em 分上にずらす
    */
    margin-top: calc( ( ( 1.75 - 1 ) / -2 ) * 1em );
}


              
            
!

JS

              
                
              
            
!
999px

Console