Pen Settings

HTML

CSS

CSS Base

Vendor Prefixing

Add External Stylesheets/Pens

Any URL's added here will be added as <link>s in order, and before the CSS in the editor. You can use the CSS from another Pen by using it's URL and the proper URL extention.

+ add another resource

JavaScript

Babel includes JSX processing.

Add External Scripts/Pens

Any URL's added here will be added as <script>s in order, and run before the JavaScript in the editor. You can use the URL of any other Pen and it will include the JavaScript from that Pen.

+ add another resource

Packages

Add Packages

Search for and use JavaScript packages from npm here. By selecting a package, an import statement will be added to the top of the JavaScript editor for this package.

Behavior

Save Automatically?

If active, Pens will autosave every 30 seconds after being saved once.

Auto-Updating Preview

If enabled, the preview panel updates automatically as you code. If disabled, use the "Run" button to update.

Format on Save

If enabled, your code will be formatted when you actively save your Pen. Note: your code becomes un-folded during formatting.

Editor Settings

Code Indentation

Want to change your Syntax Highlighting theme, Fonts and more?

Visit your global Editor Settings.

HTML

              
                <div id="root"></div>
ReactコンポーネントのHelloというコンポーネントを<br>
ReactDOM.render()によってid:rootに結びつけている。<br>
MarkとEvanと書かれたボタンをクリックすると、<br>
ReactコンポーネントのHelloというコンポーネントが持つ<br>
this.stateという「状態を変更」するので、<br>
その状態をViewに反映するために、<br>
Reactが再レンダリングを行い、<br>
結果として見た目が変わる。

              
            
!

CSS

              
                .name
	font-size: 50px
              
            
!

JS

              
                //このソースではヘッダーでreactとreact-domライブラリを読み込んだのと同じ状態になっている
//npmをES6シンタックスでインポートする場合には、以下のコードを冒頭に書く
//import React from 'react'
//import ReactDOM from 'react-dom'

//Helloコンポーネントをつくる
class Hello extends React.Component {
  constructor() {
    super();
		//状態をもつ。状態は単なるJSオブジェクトで管理する。
		this.state = {
			name: "name"
  	};
	}
	
	textChange(text) {
		//setStateメソッドはリアクトコンポーネントが最初から持つメソッドで、
		//this.stateを変更するもの。
		this.setState({name:text});
	}
	
	//renderでreturnしたものが、コンポーネントを呼び出したときに、レンダリングされる内容
	//returnの内容が複数行にわたる場合は、()でくくると良い。
  render() {
    return (
			//{}の中はJSとして解釈される
			//this.state.nameはこのコンポーネントの状態のうち、
			//nameというプロパティを持つもの。これを参照して、表示させている。
      <div>
        <h1>Hello, <span className="name">{this.state.name}!</span></h1>
				<button onClick={()=>{this.textChange("Mark")}}>Mark</button>
				<button onClick={()=>{this.textChange("Evan")}}>Evan</button>
      </div>
			//onClick={}の中身が、クリック時に実行される。
			//ここではES6のアロー関数を用いて、自身のメソッドであるthis.testChangeを呼び出している。
    );
  }
}

//argument1が、どのコンポーネントを描画するか。
//argument2がどの対象にReactを紐付けるか。
ReactDOM.render(
  <Hello />,
  document.getElementById('root')
);

              
            
!
999px

Console