Pen Settings

HTML

CSS

CSS Base

Vendor Prefixing

Add External Stylesheets/Pens

Any URLs added here will be added as <link>s in order, and before the CSS in the editor. You can use the CSS from another Pen by using its URL and the proper URL extension.

+ add another resource

JavaScript

Babel includes JSX processing.

Add External Scripts/Pens

Any URL's added here will be added as <script>s in order, and run before the JavaScript in the editor. You can use the URL of any other Pen and it will include the JavaScript from that Pen.

+ add another resource

Packages

Add Packages

Search for and use JavaScript packages from npm here. By selecting a package, an import statement will be added to the top of the JavaScript editor for this package.

Behavior

Auto Save

If active, Pens will autosave every 30 seconds after being saved once.

Auto-Updating Preview

If enabled, the preview panel updates automatically as you code. If disabled, use the "Run" button to update.

Format on Save

If enabled, your code will be formatted when you actively save your Pen. Note: your code becomes un-folded during formatting.

Editor Settings

Code Indentation

Want to change your Syntax Highlighting theme, Fonts and more?

Visit your global Editor Settings.

HTML

              
                <div class="colums-wrap">
<h2 class="title"><span>檸 檬</span>梶井基次郎</h2>
<p class="columns">&emsp;えたいの知れない不吉な塊が私の心を始終圧おさえつけていた。焦躁しょうそうと言おうか、嫌悪と言おうか――酒を飲んだあとに宿酔ふつかよいがあるように、酒を毎日飲んでいると宿酔に相当した時期がやって来る。それが来たのだ。これはちょっといけなかった。結果した肺尖はいせんカタルや神経衰弱がいけないのではない。また背を焼くような借金などがいけないのではない。いけないのはその不吉な塊だ。以前私を喜ばせたどんな美しい音楽も、どんな美しい詩の一節も辛抱がならなくなった。蓄音器を聴かせてもらいにわざわざ出かけて行っても、最初の二三小節で不意に立ち上がってしまいたくなる。何かが私を居堪いたたまらずさせるのだ。それで始終私は街から街を浮浪し続けていた。<br>&emsp;何故なぜだかその頃私は見すぼらしくて美しいものに強くひきつけられたのを覚えている。風景にしても壊れかかった街だとか、その街にしてもよそよそしい表通りよりもどこか親しみのある、汚い洗濯物が干してあったりがらくたが転がしてあったりむさくるしい部屋が覗のぞいていたりする裏通りが好きであった。雨や風が蝕むしばんでやがて土に帰ってしまう、と言ったような趣きのある街で、土塀どべいが崩れていたり家並が傾きかかっていたり――勢いのいいのは植物だけで、時とするとびっくりさせるような向日葵ひまわりがあったりカンナが咲いていたりする。</p>
</div>
<div class="colums-wrap --sp">
<div class="sub-title">スマホで2カラム表示用</div>
<h2 class="title"><span>檸 檬</span>梶井基次郎</h2>
<p class="columns2">&emsp;えたいの知れない不吉な塊が私の心を始終圧おさえつけていた。焦躁しょうそうと言おうか、嫌悪と言おうか――酒を飲んだあとに宿酔ふつかよいがあるように、酒を毎日飲んでいると宿酔に相当した時期がやって来る。それが来たのだ。これはちょっといけなかった。結果した肺尖はいせんカタルや神経衰弱がいけないのではない。また背を焼くような借金などがいけないのではない。いけないのはその不吉な塊だ。以前私を喜ばせたどんな美しい音楽も、どんな美しい詩の一節も辛抱がならなくなった。蓄音器を聴かせてもらいにわざわざ出かけて行っても、最初の二三小節で不意に立ち上がってしまいたくなる。何かが私を居堪いたたまらずさせるのだ。それで始終私は街から街を浮浪し続けていた。<br>&emsp;何故なぜだかその頃私は見すぼらしくて美しいものに強くひきつけられたのを覚えている。風景にしても壊れかかった街だとか、その街にしてもよそよそしい表通りよりもどこか親しみのある、汚い洗濯物が干してあったりがらくたが転がしてあったりむさくるしい部屋が覗のぞいていたりする裏通りが好きであった。雨や風が蝕むしばんでやがて土に帰ってしまう、と言ったような趣きのある街で、土塀どべいが崩れていたり家並が傾きかかっていたり――勢いのいいのは植物だけで、時とするとびっくりさせるような向日葵ひまわりがあったりカンナが咲いていたりする。</p>
</div>
              
            
!

CSS

              
                /*--段組みレイアウト--*/
.columns {
  font-size: 1.0rem;
  columns: 281px 2;
  column-gap: 40px;
  column-rule: 1px solid #999;
}
.columns2 {
  font-size: 0.8rem;
  columns: auto 2;
  column-gap: 40px;
  column-rule: 1px solid #999;
}
/*------------------------*/
/*------- 他の装飾:無視して大丈夫です -------*/
.colums-wrap {
  padding: 10vw;
  max-width: 1000px;
  margin: auto;
}
.colums-wrap.--sp {
  max-width: 480px;
}
.title {
  font-size: 1.4rem;
  letter-spacing: 0.1em;
  margin-bottom: 40px;
  & span {
    display: block;
    font-size: 2.6rem;
    line-height: 1.0;
    margin-bottom: 10px;
  }
  &::after {
    content: "KAJII MOTOJIROU";
    display: block;
    font-family: 'Playfair Display', serif;
    font-size: 0.6rem;
    letter-spacing: 0.2em;
  }
}
.sub-title {
  font-size: 1.4rem;
  letter-spacing: 0.1em;
  margin-bottom: 8px;
}
//768px以下
@media screen and (max-width: 768px) {
.vertical-wrap {
  padding: 10vw 5vw;
}
}

/*------------------------*/
/*------------------------*/
/*------- BASE -------*/
body {
  font-family: "游明朝", "YuMincho", "ヒラギノ明朝 ProN W3", "Hiragino Mincho ProN", "HG明朝E", "MS P明朝", "MS 明朝", serif;
  font-size: 16px;
  color: #333;
  background-color: #efefef;
}
h1, h2, h3, h4, h5, h6, p, ul, li {
  margin:0;
  font-weight: normal;
}
@import url(https://fonts.googleapis.com/css2?family=Playfair+Display:wght@600&display=swap);


              
            
!

JS

              
                
              
            
!
999px

Console