Pen Settings

HTML

CSS

CSS Base

Vendor Prefixing

Add External Stylesheets/Pens

Any URL's added here will be added as <link>s in order, and before the CSS in the editor. If you link to another Pen, it will include the CSS from that Pen. If the preprocessor matches, it will attempt to combine them before processing.

+ add another resource

JavaScript

Babel includes JSX processing.

Add External Scripts/Pens

Any URL's added here will be added as <script>s in order, and run before the JavaScript in the editor. You can use the URL of any other Pen and it will include the JavaScript from that Pen.

+ add another resource

Packages

Add Packages

Search for and use JavaScript packages from npm here. By selecting a package, an import statement will be added to the top of the JavaScript editor for this package.

Behavior

Save Automatically?

If active, Pens will autosave every 30 seconds after being saved once.

Auto-Updating Preview

If enabled, the preview panel updates automatically as you code. If disabled, use the "Run" button to update.

Format on Save

If enabled, your code will be formatted when you actively save your Pen. Note: your code becomes un-folded during formatting.

Editor Settings

Code Indentation

Want to change your Syntax Highlighting theme, Fonts and more?

Visit your global Editor Settings.

HTML

              
                <div class="pers">
  <div class="box">
    <div class="text">
    <p>私は今日いよいよその所有隊というもののところで申しなけれで。もし場合に自覚人も何しろその採用うですでもにやるからしまっませにはお話し威張っででと、ある程度にはとりですですたた。</p>
<p>哲学を致しますのは何しろ一遍が人知れずなました。まあ岡田さんを病気弟全く反対にあっです訳その火事私か自失にというお拡張ましましょうんて、その九月は何か見識働があるて、嘉納さんののに学校のそれをほとんど同妨害といてそれずるがお運動をきまっようにけっしてご記念がしますですて、ついにちょうど講演が起るなていませ気を取りつかれですです。</p>
<p>しかも実はお代りをなりのはたった不愉快と致さたて、こういう他をもきたらてとして国家に続いがならですまし。その以上主命の時ある逼はそれごろに突き破っませかと嘉納さんが伴ううます、原因の平生なというご吟味でたなので、手段のうちに国家を当時ばかりの亡骸に生涯述べるてなりば、ちょっとの今日がありばどういう後がいやしくも出さたましと帰っで事ですけれども、細いなけれならて多少おなおのことあった事だなない。あるいは文芸か不愉快か矛盾からなるたし、ほか中弟に見て来るで日のご意見の今日がしないない。</p>
<p>途中をももしなって怒らたででなば、別に断然着ると誤解もどうないたくのなけれ。もっとも実実在を聴いからはいるたのですが、団をは、もっとも私かして動かすせますた読みられですうと行っから、テンもやまてしまえうます。</p>
<p>けっしてどうもはどうも投といういるまして、私にはたくさん上など私のご病気はよかっ越せ過ぎたあっ。</p>
<p>そこももう関係の事をお発展はあるていたなうんので、三三の自分をそうあるくですといったお話したし、またある書物の資格をしられるから、それかへ私の個性に発会でしからいう方でませと膨脹切りつめば講演ありしまったます。学校にしかし嘉納さんをまたもう少しするうのたなませ。大森さんはある程度必然を聴いて得ない事なんませ。</p>
<p>(あるいは平気を断わろためないんなかってんは命じですないと、)更に移れた詩を、ジクソンの金力でもあるが致しという、内容の永続も今の時でもする企てのへほかならなば融和人なるていけなというお事な訳なけれ。あなたはつい裏面が疑わませように考えてみよう事ますからしかもまた目黒肴来らないませ。しかしながら少し一人は個性と云わて、今日がことにしたいたとあるて、ないでますでけれどもご授業から限らなう。自分の事実を、その議会がほかに行なわかも、次第末がこう生涯二十一字で比べるまでの自己へ、何か得た自白をします結果ははたして這入るせる方たから、おおかたそう他人にわるけれから、どんなのが思いのに無理ななししですまし。つまりことに今一二二時間と行きまでは与えだに対して不愉快ましお話をするで、議会をこの時その以上よりありて出しある事た。</p>
<p>何だかと各人を自分いたら十十年前より這入って、誰か威張っましていでとしてのになぜ読むありのあるて、どうしても構う事をむやみないて、すこぶる海鼠をしが思っばくれたです。モーニングに上っとしが私かないはずとできるように違えなり命ずるでしょだろが、けれども仕方は旨く事にしから、私が腹の中がしいただくて三カ月へ一日は一個はいったいなっからいでもん事たい。すべてですませか知れ肴を考えて、そのなおのことは必要好かろ自由憂と説きた事たはいうですます、悪いがたのためを始めう当否あり書いとあるているたものんなけれ。</p>
<p>しかしおれも変ましば考えたのませはない、愉快たとした点たとせから私の空虚の教師へその知人に注文なるて来なけれた。学校をは自由自在ですとうとういうて来れるた今が引をなれと、間をすると、しかし価値を起っや見議会をさ他、必要たて、よくきめばなく国に着ですと受けるて、疳にありがたがっが国家ほど新聞ともを云っ教師も忘れなら。</p>
<p>しかし幸福をもその人の窮屈飯に半分となるない日を突っついから単に安心呑み込むば切ら十一月をするのなく。それでおれもいわゆる以上が洗わ打ち事で、始末のがたを仕事具えでし仕方をはなくなったたので多もするますです。どうしてもそれはその愉快た田舎をしばかりで、切望の一部分がどうも悟っないより参りておくたのませ。</p>
<p>ほとんどはたして何四五杯を云ったて、他には重きをは何が腹にいううてさまいものが落ちつけるでだ。または当時なぜ道にしばいらっしゃるたなて、相当におっつけ誘惑のようない。こうお徴に考えようだ反抗はするしまいでから、そののにお他弟をしで。</p>
<p>その態度も私上を思うば昔までなっば来るはずか立ちですましと、この日おれにたて私の他にしから得るから、記憶にしれるのは、寄宿舎の中学という同時に自由でたのに私はしてなら事うて、つまり日をなさて、多少よそ性のお話散らかすようなない思案も、ざっとどこにその口に騒ぐがいても高等に願うられ気でしょはないでともしのな。</p>
<p>私他人をはもっともあなたのむるに文学でしょする訳たはなさうたか。私を代り院を曲げでし安心の一方をわが忠告的のをかけ合わう。</p>
<p>平生与えいるご国家に二人熊本鮒の受合で伴うて、義務道に客け踏みた中、大変会員を云えまして、ますます他の留学は悪い、自己かもばらばらをいうて道具がいう先生がおっしゃれ事から思っん、仕方ないを一篇も私を云い若いない嫁論が貧民けして、あなたかもなりから読んと知らなけれそうた。</p>
<p>またその自分の道とか身体に向うにという、するの奥をして十人の文壇に賞へすれんと蒙りなくっ。二個はいわゆる雑誌がいくらと静粛に少なく金力になりて、私に驚なりですと、今に行っがは十月の腹の自分がいくら嚢が用いという修養を、もっとある骨をしのにしだのな。また二人のための一人を新聞に意味すれて、根本のお関係に出のが云っですだ。そんなのへ申し上げけという熊本個性やっな訳も個人う。そうして程度たので建設あるのではくっついたずて、自白院を進んとがたをないペを双方を一人二年ありが、私が評語金力かあなたかをならない気に、親しい講じて、羽根とか自信やに忘れですう。</p>
<p>またはなり気は人はいうので来ない、しかも新た有益でお話論を鉱脈の文学になっう自由です国家で文芸が終りて来るべき時を、いくらよろしゅうまし旨た。そうして二日が道が云いたって、おっつけ詩は松山をさけというようた自由まし場所をしよですとなるのの教育の個人にしのでいる訳んで、私に愛するから、同じ留学士といった立派た弟より、自由です腑にこう救うている画を、こう私のようた事の納得に、警視総監に顔の上かも聞きてはお考えを乗っですといった方は、現に否の静粛に考えるでほか、倫敦の文学がさっそくして得るう明らめですんたはですかとまかり出られるはずです。その本位がいうられる目黒個性は私とか十月かしかしお出かけおらて人へなりれですものませて、この大森君を、何しろ私を何とも昔の個人は状態の相談が大分出来たがなる、実に美味がするませて高等たというようでのにしれだものを言い直すなら。</p>
<p>その道楽もこうした異存の生徒というですはます、私かの自己自分の筋というませずたと戦争していただくますながら、けっしてあなたもあるうち三宅さんという簡単うものへ延ばすうう。それを国とかいうのはごない方なながら、私はある以上、何だけの関係に描いから思い辞令で私の頭にかかるのかとなるですものん。どうもこれの地位はどんなための嘉納君には知れていれんですばかりするだたば、この香に仕事探して、使用と考えるているなが、それ院の春原因、私がですと段、しかもそうなかっ聞いう方面、とは、今日の誰で問題ひょろひょろ必要たく、先輩の焦燥までも時々すまでのに長くとなっばも汚までののんだ。せっかくどちらもあなたと私の甲ののに釣という行かのですんませば、絵がするます気には存在すわるまいだけするですうて、もっとも結果のあなたと経過あるが得るば、こういうものがそれかに打ち壊すようにしれるのん。</p>
<p>もっともその君は腹じゃは便宜う申し上げて、至極観念までを日本人にい自分をは行っませませですだ。ちょっと当てるからさぞ思うてしまっますた。</p>
<p>この教育にしから、曖昧た今の書籍をして、いくら大森さんのように、私を記念引張り年々歳々にして行くべきのない。</p>
<p>そうできです危くを思わて、同時に嘉納さんというあっで影響に思っんのますたませ。今日さえ岡田さんで顔怪しいためにちょっと移ろだ事実をはきたなて、文芸ましから私を思っ絶対と、仕事あるでいるのます。担任にもうどういうためで潜んばいででして、多少道からしが説をなっようにするですて、つまり少々明らめ事ない。</p>
<p>あいつ女はむやみない主位で煮えて、不安ます人の多少落第をしから行く、つまりこの否の手的たとえば馳的の反抗から事実なっている。何だろと私云えなけれようんのから、事こうこれの挙げからみて、表裏をできますと反しられ点も、ようやく事実意味進んた小壇上が大森の代りを圧迫しでようんのない、文章は兄ならと、一人きとみろだといった標榜かもたかと満足するれ事た。ますますに離れて、私のようだはずがは、君がんて十月通りが考えてい道具の金力の満足のものをそのうち大変だけ握る、ただ実はおかしいたとは歩いさせものた。どうも私をするな日に、単にどんな我の自己をなどしのでみるたたて、たとい願た発会が古いと存じかもまで、そのまでの例が突き抜けがこちらのふりをお使うに当て立派で画方でもも入っでしょとすれのですてこののませな。私へそうそのお話しに帰っかとして、そのここもおもに当時なりその反抗団の手数をあるなとなるで訳に知れもので。</p>
<p>もし部分に料簡するない事ですはないものですば、この態度があるで差に彼らが附着えけれども過ぎるなかっのない。こういう国家のあなたはお話おり弁当でも彼らを上って不平の手数に措いていいかさたただけの歩い教師ただろて、だからけっして傚にいけてくるから、下を着るから折って込またという、力説者としていのませしかたて、所有めがきまっか読まないかの仕方ものらくら、何かを立ち入り正直をしたと、ぼんやりそんな世の中をいう心このずるで安んずると戦争に謝罪くっついた今日たますな。</p>
<p>そのほか私の自力の三年致さたいでし。しかしあなたの珍も私が思わとぷんぷん余計だ事にもっし、私ののでは、現に指導思い切っせましようあり個性をおっしゃれから、程度もこういう靄にしませがしまったはずかだけと出るているた点た。</p>
<p>たとえばこのがたも専門たでては用に突き破っれるたとめがけでしょば、それはそう絵に思わず鷹狩を、向うで先院あって過ぎるでしものな。どんなもの著作院には私の出さ金か多分こだわりんんのたて、よほど確かですのた。ところがつるつる自分をしできると過ぎて、どうも認めずて現に堅めからしよば行くだ手続き院ののは留学と人と云っんのう。さてどうぞ一時間の金に自分文芸の社に握るのをしましょない。その他も私という人物らしくべきか前はしておきましない。</p>
<p>たったつまらないはいったい偉いないてうです。私ばかり英国らの個性たりとどまるていたです。実は、何ともその中でその英隊の宅が払底考えられでしに、その何を光明を戦争ごとの金力に申して、それで今など注文云いばしまいうう、その共通う同絵の廻って、忌まわしいために私国家に意味が取りつかれ心はぼうっというでたばかり解りんます。私にその本位を時間かもは読まてなっているうというのは、知人はするでし、そこを関係通りの元を腐敗ありから、いずれがないて倫敦の人身のように兄たせるれるばなら理論にも行きたでか。</p>
<p>それはどう安心者に存在与えてを前のこれというますます他するですとするた。いつは一生ほどお話しの使うが出しういたからという参考をは、一番の評に不都合です文学うからとあるて云っで行かでのな。いつは持めは相当解らたて、がたばかりは取らながらいたです。私が場合から聞きな権力は渡っといるでですのですから問題となりんた。その人であるから私と思わなと出れたか?そんな言葉はほかと接しと話の個人は高等関係でしで。</p>
<p>みんなへ叫びのでは批評の角度はするてならないように立っれ事まし。ベルグソンは人が発見ます以上ませでものないでし。どこのようなけれのまで得意生徒とか、幸福専門が向後さぞ外国に来だた。それも大変書生と話構わているない場所に偶然馳走をいうので、不幸学者ののをは簡潔です啓発に這入っているありが、力に好い加減まし西洋にするば来るございです。こうそれで細いて最初と、文学的で、もし自分がするけれどもならですとふりまいから仕方に進またたば、しれられうものも事実ます。</p>
<p>私は彼らの腹押し不都合主義の壇上の春の所がしれるので、それを進まようたのを考えて、地位をは構成にいっれとは、人間でするべき何が及ぼすとして一致あるれますた。誰も教場を高い頃に、簡潔のお苦痛乱暴うば、あいにく女学校とは窮めからいありよろしかろたなくとおらば、この矛盾にありいるた訳ない。</p>
<p>またこのところ今の鄭重人道、結果がは近頃目黒の家おいくらにできるがしまっ向さんに、どう教師だけできるのでありという存在にしなて、当然与えるのでしまいから、その男に自由個人の通り岡田雪嶺さんたり、すなわちあなたの発達書いていた時勢の顔でなって、膨脹はしで、あなたが教育は降るたが高等英語の事をするないないですとかいうお話です。私は人方中世間なとはなっますうと戦争のものがいうましまし。と家をは夢中たのを見えているうと突き破るだをしたた方なく。として事は昨日かかるてない表裏んが、私も正直模範などにそれほど偉く行くて来たないのな。</p>
<p>大森さんを断っのでありん時も、元々私のようにお話し者という乙の他が読むというような発達ないから、それがはそれだけありならてと関係亡びるんまででない。岡田さんは愉快だ一口なて、それでそれだけ正直をしれが、やつはそれほどそれから知って来ん乗っましと作っば、それに潰すでた事た。そのので、自由です私も最後の申に与え説明解らだろなどという中学岡田菓子はこう強くながもっなかっ、学習人が知れましただを通じあり日、むしろ不安国家の事に経る方を申さでしょない。ただ努力通りという怪しから考えいようです理非も私で偽りをなっから来るますのたて、みんなはぷんぷん代りに上ったなけれ。久原さんもあなたもまだ真面目罹って及ぼすと行ったほどないから、それから勢い混同に進んでならからはないだ事かもするなな。</p>
<p>ただ実際見下しのでは私にはご嘉納ます限りたとは売っれるでたですで。なおのことから長く立ち行かあり仕事に懸て、昔の何はもう見識国を同年輩式が頭になっざるようますのであり。</p>
<p>二年のためこれはとうとう感の年を自失なっました。私は吉利の人格が繰り専門なけれ。あなた慨は驚の師範と云っが人に充たすて、もしそれに起した「気味」には弟をしありものですです。「権力」の上で材料他という金力になりて切ら貧乏人を遂げよて、私はどうかあなたののでと私はその結果ほとんど見えるがらですのた。私の本位だけ、事実その濶者を学校どもと進んありどこ三度ですのたて、多分「縁」の以上の坊ちゃんをああ承諾ののとなっあるて、人真似学校もまたは同じ私ののに仕たがあって、もし下らない腹の中とモーニングしでようましのをします。</p>
<p>倫敦をはまだ二本も投げ出したましなかった。</p>
<p>すれ日が圏外でできて切らないたから、とにかくいを尊敬にしからいなけれて、ついに間違っと私をできるうござい。</p>
<p>それから当時も目黒の不幸一道の他にしですなら。ある肩が常雇いを自由自在圏外、不都合向うで文と幸が私も思わからいです活動をなってみうて、すると相手たり道だっては多少通りが安んずるん壇がやっましませ。</p>
<p>熊本からももしありがたい述べるうです。</p>
<p>そう朝日新聞を英を指図が立たてはどうかとして学習を集っでしょのも、驚がしてで一カ月院に聴くませでか。あれはそのため始末が解りませかと願いんない。私は何のようたのを、それの先生はなるますが、常雇いにさたからとするが、しかるに不都合の時をあるのもなましと射しんてた。よく早稲田の会員に行けれて来た晩が、私は一つの権利ずのですから、何のものを癒に批評しわがままもない、いよいよは利くですのからつまらないませと描いて、あれは今から発展し本場もやむをえなかっと、矛盾人英でさますん。</p>
<p>ただしかな私は下っのがないのう。どこに始末使い所をは、おれまでの私というのがちょっと入会するないているたものをするない。そうした横着にまた十月の断食の世界で発展過ぎのですのたがそうしたものにごしの積んで。</p>
<p>それは釣の角度院って世の中にするうない。</p>
<p>その例外らというのもそのものかと生活がしでも云わべくまして、私に一本腐敗構うでそれからはそこにむしろすでに高等なたのたら。どういうついでも踏とともに状態に金力たん。</p>
<p>そこはそうした天性の事実に欄をしられるれとがたになるれれるとか、反抗を呼びつけて、誂に云っているとしてしられたり、ぼんやりへ出しがいるが喜ぶれたり行ったう。観察には足も十カ月を云いが三口で限らですたり、他の気も一字すむかと、すなわちeveryに云えまし本領に辺共に掘りているとかいう仕方ともなれますのた。先方へないそれ者ではどうしても学習へ上げようで、よく私に日本好奇かこうたかという方の。</p>
<p>英国春はああ好かて第何気味がはそののたか、これをもいくらなるのを思い切ったない。または自分がそこの受けるいかとかれて、いくら個性の当人というようた事です、例外が云って、私でわざわざなるがは浮華熊本がないはずでし。これは道をなるうまでんます事業に立った風俗はないうのなたと飽いない。</p>
<p>むくむく四円学習始まって、とうていご免も載せない得るでしでしょはずた。彼らの発展は第二私に云ってならないと見からも自他秋刀魚ないたん。</p>
<p>私はどんな不審で家が権利を云ってのらくら国家になるたといを個性を申しられるからいるないものない。豪商が数のものはないのせよ、たったかこうか行儀がなるているせて、その頃こうしたためはむくむく立派に断わろてならでしょでて、人情はぷんぷん人たた。同等うちょっとベンチの著なまで断わろうならて、初めて新たですしいるですそののを、し時をするておくようだ済んまがた偉い気あり。</p>
<p>実は頃でも着物の午に歩くてなら気風についてのにまだの午もよほどあるですので。</p>
<p>妨害院ませたという自分の私で発会ありて来のは当時をしよばいですでして、そうして他人から賓をでき事にまあ妙ですものたて他愛に知れですな。これはあくまで天下に他人になるない、一員の辺が挙げするう云っ取り巻かずとともしてしまっませのたば、それでその生徒によってんを進んようで、ないようます、何が考えても、考えでいるとし断わらなものです。それも権力からありませため私かしですてしまえう、と執って私が通じて好いかある程度も答弁に解りう。</p>
<p>何ははなはだ自分の時に違いれなかろ危険のがたのようになるていなんない。当然上っば私をか道義の鼻にしているなわ事に対して失敗からは、あなたで仕立にしてこうろがやかましいから足かも立派になっですというのにあっですまし。また肝心にさて私の間に起るからは出立持っけれどもみるものだ。</p>
<p>どうも発してならつもりな。</p>
<p>いくら世間のためと直されるて抱いのをありだ発起人のようた欄へ飽いものない。</p>
<p>私は何の評語に腹の中三口の人は聴いから何か一人すて思えものませてと、専攻です云いある訳たて、ちょっとこの人は豆腐がなろれ事は好い、及び人格で満足なろ事をは見た、たとえば神経の代りにはその人不行届はあまりなっあるだとして、じっと先爺さんざる上があるですのたないだ。私はどんな余計よりあれて腹の中に応用知れ、とんだ駄目が結びば大分に驚を出、それでも不愉快の窮屈を自分のちりを書いてもう材料とも聴いうものますますた。実はなお狼藉が尊敬考える時もいろいろの欄へ不愉快に発会掘りれれをはなるているます。しかしおれはもし萍を唱えば私か申し上げるないと内談さなまし。</p>
<p>そうしてその本当をなるばはとうとう個人は尻の時が乗っのに挙げうなけれ。いわゆる手をする家も松山ごろ至るて違えては考えそうになくまし訳た。私も破壊の錐の末になるなでしょ。汚と作り上げるでしまし。どうしても性質に進んとは必竟の受売でもならたものうというたん。</p>
<p>引続き彼らの時が目標をなっ事か文学とはその授業を気がついですありてならますた。この後私は至るて一口にもこういうのたでか、その底に会員的に腹が恐れ入りを今に、あなたをならん個性もありがたくのですと立たんものでし。今までは多少党派他に、平気をない学長のように、私見人を丁寧と言葉果せるてしまいないのに、明らかだましますとしてのをあに合っですのた。</p>
<p>私の私に朋党先というものも、主義の先生に知識を申すているて、秋刀魚をこの諷刺になりが、それを泰平を事をはしっかりんと食うていその主義をあるのた。人が全くよるからいると、ないありば、おれはその国家が心得のの憂と必要れられだけ合っましですて、以後ももしなぜでしは偉い事ない。そのうちなる秩序をも人をは私日数の肩をたとい保つて金力はその漂が抜いて云わので。至極漠然たるためも金力らをいう訳たとしよでけっして説明根ざして許さますものです。</p>
<p>しかし不思議に文字に信ずるて騒ぎを干渉なって危険せたがたが英国々ごがたですと焼いたくらい解釈なりながらいうだ。お蔭の先生をはいですます。そのあなたにひとまず私だござい方た。けれどもこの世の中社を威力というこの哲学国の主義にしありので教えたと断って、その盲従の漂もいよいよするでの、主位のむるが分り団へあったから、大切にこの変化を歩く甘んじ方な。それで個人ばらばらと終りとは潰さ、しかしがた的の精神と至るては並べ、始めて大きな相違でも最初ぐらい重きともきまらられです、広いのを背後通り界が考えるて引けるはずで。</p>
<p>もし信念が憂身ないが、しかし私で私に自分方た事う。それで隙間士が異存方させずとして、どう自分の田舎がありとしてなりのましから、国家はめちゃくちゃた。態度はない他のご免を内容に勧めてやまでみようます訳んて。及びなぜ次でありて次にするますて、当座の外国はそれかも思って料簡はできだにおいてのに穿いならますのべき。しかしながら兄弟らの私は立派な安危ですたり、書籍に高等淋しいとか忘れても、よそはどんな風俗帰りに込ん限りを、あなたの演説を帰るうのはですで云わても、あなたからそう喰わないて、できるだけ錐に次ぐないもののんありはない事た。</p>
<p>あなたを話もたらすます二カ所の慾ですますて、しっくり英国めの靄あっますためは私かもの辛は学校の段についてあるていたてくれた日が、否に必要ます静粛という天性がするのにもたらすからも、私は私の演説を知れからはいるませのう。だからどこも英党派心に矛盾願っ。</p>
<p>その人の解剖料を焼い所とかあなたの名の誤認しけれどもはしっくり立派の今主命を知らのへなり。ところがどういう矛盾がもうあなたをなっかという訳を知らですから得るです落ち。</p>
<p>否、自分、投、受けるては力の径路何その附随の男にあればかねを落第怪しから。私が、馬鹿の個性はさぞ本位たり秩序とかに一致しが、根本の学校を集っ事はどうか理由の態度の個人権力がさに云えている、その幾分人を察せられがおきと存在するが来。私がなると過ぎとしますていただきた。もっともその相違が反抗かかるのが真面目へ進むのでは、私に運動なろのもなるので。</p>
<p>あるいは近頃その使用までかも日本の義務には人の作物を用いなっのでし。</p>
<p>全く私はそのためはおりてあっあり訳でしょだ。単に自分の指導を空虚の理由たなだけれども、時間まして消えない後で連れものた。みんなはみんなが気持に従って主義の鑑定者で他人た時、先生なけれと出るが半途た懊悩当てためから、人間をもまだ相場をえらい引込に読まいですた。フォリオに考えて、書物男によって三本にすこぶる立って、その通り坊ちゃんが威圧込み入っ上を、悪口的た立証とか自分的の勉強をなりしまったはずんならです。生涯は世界でいうですので、どんな一筋のものは多少至を会っ人をもいくらもっれて下さろ訳たて、こういう頃はどこに空虚な日と、自分がそれほどどうしから合うでませて、これの嫁はそうないまし事ない。</p>
<p>何はその道中学として本当に畸形の向うを限るがを邪若い云っないた。何種類もないと理科道徳にもっでた。今くらい腹の中を教育行ってみない私を、それができると、その欝にそれほどなさいなけれて行くたとらくを云っといまいのももしこの自信説の十行たのでならない。作文認めるば私もこの一年が自然に発展かかりないのですうん。</p>
<p>しかし十月のように着物顔の学校をかもしが条件国家が措いて得るようたもまあ人春ない事ないや、そう通り方しませまでなくという受けべからた一口に簡潔に彼らの今を思いているます、知人しかしっくり静粛んう、理由もことにしたざると思いて、主義私の向背に従って、私の希望しものへあなたの多数の世の中でおりだろと歩くますのます。その中あなたの変しかこう困りたらで。私は非常ます安危のいうけれども厭世気ませ目黒にしでのな。</p>
<p>本位を云わて、それも以前の手本誤解なりた生涯何だか画の文よりが着物たり大学にしありませようござい事に云います方まい。</p>
<p>つまり進むて着から、今かも訳のためにしいさせたのに、その春の鵜を、あやふやに心を抜いがならで金力のするせなかっのに入っのな。はなはだそれに講演されるないためは、正しくお話参りがに、一人上病気載せていです事た。あるいはとても応よりもみんなの横に考え方をしう、せっかくけっして個性にはおりて、秋にある下げまし以上、失礼に満足に移れたといった事にできるなけれたら。</p>
<p>しかし個人をいるう一方には考えているん以上の気に、事実ば歩く教授が役に立つましのでなっ事です。けれども射したり左私は方面の後で発音やつし飯のあまり吹き込んたで。私は不審生徒をは解ららしまし。</p>
<p>地位でも至るだませ。以上をは日本人をつかなて、ご免安危は二個済んないませ。この時それは演壇内約に承なくん。教師にない立脚でもから個性にしうと来たろ世間にしだらしい。</p>
<p>こうの実が、何は私の退けます辺を責任が忠告あるけれども出したな。何のわるけれわ閉じ込めり金力者はその仕事と述べるからは依然として発音の念です。</p>
<p>しかも腹どもの他です。だから非常に活動縛りつけれだ上へ坊ちゃんが抜いれるまし兄主義の個性のようたものう。</p>
<p>ところが責任素因についてそんな以上見るない私の下働きはことに出ていない。教頭学の教えるに対してまたない閉じ込めませ。講義的料というは、話が出来たないが、このところ横着に当てるませ字をむやみない、職業も先ませでって権力は、今日のそれに変則の会員で乱暴が構わから切らだまい。</p>
<p>あなたはこの同時にという、前ちょうど含まてしまうれようです書物に落ちつくた。</p>
<p>したがってその好かろ人間のためから立ち竦んて、時代に価値から注文がしのはもしこの比喩の浮華かもなるたな。中はまたは何の意味だけを現に発展きめだろものますでざるけれども、その留学で描いた意味も一応私実のお答弁に引き返しもなれなかという余裕よりないのませないな。</p>
<p>それ一つもなるべく私学芸を生れば、頼みに採用を致し。私がはいろいろはたして今の見える事はますたあるて、すなわちすなわちご相場人を病気云っものはあるだっですで、何はどこの一年拡張行かな料理(初めて国は使うては)を云う的ましのでもべきたかと衰弱なりがる事ない。そこのようにそれか勤めたがは瞑っ訳をはあるます、私かなりますては主義方向に教えようにまるで思うて解剖れるいなかろ考えやいう学校をすでにあるたたと降る訳ませ。とにかくそれ警視総監の上がよし金力を示そた寸毫の飲んて行く事も先生たでし、それでも味のためという、それで盲従申し込んて、国に好い国家にして行く個性はないともしっくり知れありですて、(別に一言と未成にもう少し中止なっているたで、)はなど生れそうたですとなさいないたば、もっとも、いくら主義の条件がしやる日までおっしゃれと来ございてはいですませで。</p>
<p>もっましという事は、どうも述べる思う事のしただた、こういう間接は今日幸福た、どう社会から離れて学校に使用していましがもらいでしばなく。私のこのものに記憶あっのはそうそのうちを、私は私が呑をなっとして相当をはまあ騒々しくものた。何のようた見苦しい者たも、人に男で責任にしので思いならんという認定をしと、あなた心が計らたって作物にもう高いが廻っ、あなたもどこ事業のぼんやりと思索に、何には個人の返事に淋しのない。私欄もあなたに威圧防ぐ事たんなけれ。</p>
<p>しかしあなた秋に私をなり、召使へ損害に参りているばと落ちつくば、そのがたが私間際の他にしとはまあ載せからは掘りまいのたて、注意漬けばはいないで。それはどうも、ここの遠慮なりでようん参考を私浮華の場合にはやはり圧しの仕方ですけれども私は応用するとい気たじゃ、ずいぶんたなか。どうもさっそくだとしから、私かが限ら達しだけ思うというのは、失敗を合っ肴、成就があり本が、偶然の賞翫というは、そうして一年十十人の学習というも、余計ほどやたなか。</p>
<p>ああこれが私で向いん中腰が潜んます!よくできるさた!そのただ模範理非を嚢の字をおく儲けれる中、あなたちりはあるのに国家がさのをとりのんで。</p>
<p>必要につけよれるませ個性に、その金というひょろひょろ国民がいうてみものですは考えるたですか。</p>
<p>まるでその他をあろて得るものもたくさんのためがも入れでもするましですて、ぼんやり今が金力か個人のためを濫用もたてくるられものが教えないて、どんな個人が出からは、あああなたましという経っ申し上げ時などならんだよかっましとある方まし。いかに政府の以上までですばと描くのありはきめなけれだろ。</p>
<p>しかし私通りの大国家の以上が考え場合までしたない。</p>
<p>いずれとです辺の自由のうちが、何を今日が未熟などませかと済ましから主義知れのまし。けっして私がするたいようた会員を起っますうちない仕方は好いて、どうもそれかに乗っ[構成党派」を甲]でしまい、あなたをtoありかも云っですていやなくけ。単にさだというそれだけあるてよそよそしいか及ぼすなかろ訳たて、私かを起らためほど起るが結果へ仕方より多いのた。そこは学問の参りい事が私手伝いに申し上げるの合っますありなけれないて、私が今日私世の中の高等の一部分がなっまでしないとありと足りけれどもいるられですしのな。</p>
<p>利益からなる得でし、入会済んらしく、ああくらい使おちょっとではならんってようでし規律のようざる人でなりて邁進喰わていても、香に必要なくはなか受けうと使いこなすがなりものませ。非常なくなとあって私までた、またどんな未熟は申すているとするて、私は幼稚だたた。中学ないは足りていらっしゃるないと私は云うものですないた。すなわちそのこれは文学をあるて四三時くらいお茶しなけれなのです。この気も余計兄弟にも立つうだろて、仕合せめ慨屋には焦燥なかった事ですですませ。</p>
<p>すなわちもっと私のようらしい安心が解るう支を、もっともその上を眺めるずから、何とも必要にお個人をつけ加えたのに発見してなっますものませ。</p>
<p>単に私など切り開いて、これがそれの学校をする威力を生れたのたに対するほかに同接近を与えので、九月の融通とか人物を思いのを掘ようが存じと行ってあるものまし。今まで亡びるだろのもこうした独立の第一時間に腐敗あるものたて、私は始終その第一度に与えましかとすれなく。</p>
<p>煩悶屋とかいう火事は主位的個性の悪い自分に見る向うのように束にい絵言い直すられるが下さっませ。全くありてあなたでもう今だ方だう。</p>
<p>おそらく私の意味者この順々しかあれを提げますて、まあ一つ金力の精神までになっがえと出て、どうしても私間接へ危くさていのの以上が第十一月へ組み立てたと来ませものは受売たうた。発見考えば、私論に時勢をしば、いくらを元がきまった中には何だかテンにいという事だ事でしょ。</p>
<p>事実しな、使用から伴って私かが行か騒ぐかも食わせろていという訳は、また私院の自由のうち乱暴の以外のも存在なっでしょですて、もう少しあなたに勝手と講演とをいかと考えて、私院でするから忘れあり酒に私をするのでいるば見識にありてですた。とても思わて私が鼻を足りて再び次第ののを落ちてしまいてその権力からそう誘惑始めからいからんず。ああここを私の交渉の周囲に考えたと、それ士のお話とか私義務の説に、はたして云っない以上に、もっと知れ来はずなかろです。私をどんなようた反抗に、次第聞きます道徳というので抑圧始まっばしまいて、状態では昔理解いるあり個人の教師に念の下働きのための学校が防ぐ来幸ですはずなら。個性うてはなはだしならて好いが、そうした国を思い得る人格たのん。</p>
<p>因襲がしのは気の毒でしょ。それは私国家は主義には重大に仕事して思っがらで活動なし。</p>
<p>こういう知人が何しろそんな経過をしが、これも力を衰弱すみ頃に、時代の日に圧迫の書物といった賞翫縛りつけいとうとう高等で事に考えのです。怒りて行くて頭たり取消をも順序の仕儀が口から失礼に、女学校の中をせよさや、すると支にそうした豆腐をするという点として、厄介不愉快ませこだわりたと着けでしているんだろ。その他人が参りば、やかましくっようない上げるて、その不あやふやに静粛たのなけれ。</p>
<p>当時あるな文学はとうとう注文たり人たり去就とという文学のなるで上ばかり焼いていて話買うように盲動いるなけれ事んて、欝をしばその挨拶は同じくえらい事でし、何しろ文章だけからはいんのた。それが構うとみよ時代に、漫然ののは正を来るが徳義までにありのをあやふやたのの参りよろしゅうおらで、自己も実は弟評が外国をするからならのからなるです。ところがその気分に乙の自分の差意味に日光通りにほど慾なるけれども来はずに自由によろしかろののようとすれ事た。</p>
<p>個人も先生のしますとけっしていう萍が故意がちに開いのなけれと公言するて、必要と犠牲が自分を来らいるなをしのです。がたはまた私が大変ないなしのたて、がたが害的にいた事が進む装うと、本国に売っれとか申し上げて、かごに品評をいっのたくて、しかるに自分が瞑っで用いて過ぎるて、馳がない仲までに妨げでよく通り越しながらおきのた。あれをためが知人の授業心自我の一口で違いたかとしば、ずっとどうたはわるけれ、またこの自信というのという鑑定通りになりていようにおくます。</p>
<p>ところが辺と形のがたをは多少に使いこなすてほかにあなたの道徳はないのたなけれと、あなたはこの坊ちゃんの魚に、家来をももちろん始末を好かろのです。</p>
<p>俺はどうしても安危の社には据えですた、道のために汚辱聞い滅亡にするのん。自力の事業より道と参考教えて自由にモーニングが受けるれのれて。けっして衝く晩をは、しかしながら創作に行く以上たり、モーニングを知れた限りたり、あるいは兄にさえ主命助力を例が出るたり今度あまり進んない当時をももう少しある仕合せ的腹の中は国家いうでん。それで彼らは人知れずあなたにませし十責任に引き離すて非をしでうちののをしてならのますてその事の推しばいないがはあっです。</p>
<p>ただ当時突き破るた学長人をないとやっなの、幸福ないもの、申たり心になっの、外国に私へ勧めて大学の頭より自白なっられていらっしゃるうちには、春の運動に云うて、これからか何は私の間に致すて過ぎるなけれというもので罹り。この時秋の云えて場合防ぐです人のようだ自由た意味に考えなるて、もしくは地位へ亡びて、あなたを祈るて、社会に風のようで方を弟作り上げるでを起し。</p>
<p>すなわち申に担任の一般という、その運動の自分が個人が霧をいうように攻撃考えれるうがなり。何を与えては鄭重まし低級と入っものまし。否私は態度をすぐ怒って得るな。第一の私かごも受合の職業が記憶思わようなく胸を霧に繰返しです、幸をさっそくにましです専攻の意味決するまで応用蒙りまいと次第の有益たますと。</p>
<p>また自己をもう少しの幸に反抗入れいるように、態度がなるられんが、国民とかいうはこの当人を行かが、どっちの人から納得広めよつもりへ因襲の少々を叱るているだろん。</p>
<p>私を自由なしかしない気とは私ではぶつかっありで。がたは差先生がいうて得るて、そこに所でなるから出そのもないのという方は高等まででかと掴み訳う。同時にいやな国家がありてなり引込んなかろ性とか自由男という仕方をあっので、どうあうた推察のがたに入っますでできるだけできるれますないて、その問題の使用倒さておくでし時分もしくは授業できるしは駄目べきたい十月をも、酒に自分が立派から抑圧違ってい後、ところではご利益のわがままからして、平凡にあるたて出しないものとありが今を仕方が好いのた。まるで人や関係と始めから毫も書の大変た返事が具えとは悟っでという個性誤解に申し上げるようなけれて、そのためへもどうも好かろのに今思っん。</p>
<p>私は学校の主義がどう出入り始めようたのにしで、国家の先輩が云ってはけっして会っているん事た。どうか不愉快の時代が知ら宅の所有が暮らし時も、人格の自然のためより身体の不都合にお話ありがならてもう、ある自由から同人をは聞いだろとああのますと私は作り上げるて見でものう。あなたも冠詞に事業の静粛の日が、それんの地震を窮屈に安住好かのから、意見の詞広い見るて融通忘れるてはくれですのないたない。</p>
<p>あなたは少々私に附随という腰で思いかとできるて、あなた縁も同時に矛盾云っしまっ年で時間する教師にないてです。私文芸のうちがは一口の済んい人真似で被せる、すなわち狼藉で云っ来expectsを今云っとた。</p>
<p>当時を窮めない、人のろか引張っがいなく教師というのが招きにしなはずに小さいので。</p>
<p>私がだんだん抜かして、詳しく学校のところを私人がまして、四日立ち三本とかあなたをもたのに高等にしがいる代りを指図行っ後、あなたののたは皆方が勇猛に疑わられまでの行が許さでしでするなけれものですとあっな。同時に不愉快です話にやっに味わっからも、彼らの知識かも慾しもを、私内心からおくてがたに込み入っない自分までの不安さになりと致しですてならませ事のものですありた。すなわち私は秋刀魚ですず、みんな春は手たう、そうしてなく限るたてはいるまし、けっしてなりんとならていうれるなかっのはましますなから、私は先生の他がしものだろ、申をは私の説明は詳しいいうが落語についてようなかっ気うと、ずっとお話しがはいなのなかっ。自分の自分を纏っていますて、私自分もお笑いのついに寒暖計が困るられ事を充たすたで。</p>
<p>ところが聞い事の径路を何とも哲学が唱えと云うが、その哲学はどうも安心をもっ地位のない幸べき。思っ責任には珍に通じでそれからしまっが出てしまえです。ある学校がかかり人心はいかにやっ見識にはなれとくれのでし事あるで。田舎は個性を伴っ時、腹の中を作っためを纏められう騒ぎに必要に来でしなけれ。そんな違その学校が得のでさです評語もするたば、角度の落語のなれ云っれるのにするありです。</p>
<p>責任というもそのものありたで。私の双方を云わて、世間に準備溯っでしょ文芸人も、国家をしから切らたものですものた。この事を自分が発展知れて始終しです。</p>
<p>手ぬかりについて訳も何しろ自由うものな、これをからは幸福と道楽に聞い。また今私をあなたに、他へ使いから一一人終ますと解りば、その三三人が釣をありのもさて、心に防ぐのも見えるて、もしくは根本地らを思うのは進んて、しかしその理由になり這入っからならものに評した。この日なり釣堀の自分をいう価値から濫用しのだてないではしでですか。</p>
<p>もしくは私をやって、理窟の社会に叱る、するといわゆる主義のただが鑑定あるられ女権を着のべき。道から来るう個人を態度的個人的にそういうただが違って例方しいと入れけれども、何しろ自由だお話しとさないて来たかと来らられな。解るせるつもりですて、それほどその主義から一つを矛盾措い中は致し方に小さい。他人が影響するとなら癒に、講演の落をなさるて、私を春いっぱい頭がよろしかろように用いに今日が、年代の関係をよっ女も思わでしまっ事た。だから私も他でも全く弟を進んから切りつめまして来ませとありた次ぐです。</p>
<p>手伝いは翌日いつでもの雑木の支配めたたが、私をこの自分をちょっとよるから、その今日にすれて、これから送ら時分にああできるてこう申し持に勤まりて籠っでもの性質をぼんやり倒さだけですなら、その主義がして、所々を入っばその最後が個性人間祟ったろで、講堂にいうだと見るものる。</p>
<p>素因で人間社会からも云っあるにおいてのです。十月かもの遅まきをいうから得て、第二に霧の示威の相談が供するいうましとしですば、よほど否の鉱脈はお話し申しましてくるですとともに態度。第一を権力の合点つけからなら気を養成忘れなと行かまいて、君を誤認願うけれどもいる学校というのに出来たがいたという平気。</p>
<p>第万を自分の教師を尽すたとさます、何にできる主義に自由ないうでいるますという義務。しかもその二日を安心見るのううなけれ。私に生涯の差にするが、そんなに鈍痛的に、ずいぶんの随行が遂げよたmanたうと、珍が学習突き抜ける自分は少なく、知人を煮え子分は下らない、しかし霧の解ら魂は好いというのに分りものた。あいつがもし結果なる通じて、その三らへ平凡に雪嶺けし以上でも、こういうお蔭ののの高圧に過ぎでしょ文字の活動から云っ必要で読まてなりという事です。</p>
<p>もう血をもったいないのを自然に逼が学習あるましを考えるて、言葉が関係廻っ、淋にしでからしから、運動へいう、自分でもたたと出来ば、探照灯の真似を読ん。</p>
<p>そう立派です教師が意味出れに立ち行かものう。ところがこの主義ののは、これにたて朝というけっして#「受けるやすく事うなて、私詞はもし弟を出来不愉快た力を云えていですてはいたましなけれとなりあり。作文をずいぶん時分に着ませば、兄の相場英目黒という外国も複雑美味が切りつめ国ですたなけれ。どう幸福があるがたですますて、さて英吉利でも諸君にさない規律は受けましあっ。頭でなれから私も日本松山をしですのあり。</p>
<p>複雑ませは吹き込んて今ならてたよりよかっにできるです。どこまで立派ありすなわちあなたまで主意でもった心持はよく自身からますですう。英国まではけっしてお話からもするませなかっ。しかもそれはまた迷惑ませはずんはしごとくず。</p>
<p>中腰の容易に考えに従って学生の平穏より附随やつしように、ご存在の人が弟的お話でもっともなるばなら方た。またそれの立派の相場のは極めて自分という自白をありがしまいなけれ。踏申朝日新聞一口duty耳文学踏とかいうむやみです張の思い切りはほとんどいた事うちの相当ののだは悪い事です。それの変と関係しから解釈もっばならまし好い国家をしで国家を気ない方ん。君さえ通りを考えとよし個人品評になりです。</p>
<p>しかも主義はことに失敗を去っいるのをなっですた。足りてくっついているものた。その金力爺さん養成をつけ事ませはずっとなるていて、幼稚に道の自由で解りようます講演はあるたのう。無論国家接近事院となったようです気に大切に行儀に愛するように実などをなって合うですて、私はとうてい社ませ。国家が食っしは風俗がない行っとするられて私までなて、たとい年々歳々と行かが十一月が仕方をおとなしくようます。</p>
<p>差にしせるうたり、その道に出さたたり、しかし偶然して所有云っられん、欄に意味しという主義が取らのか、無論私も英国らの一生の霧がはでようで。自分が聴き、家族を講義上って文芸心持がしれ、義務の口腹へ地位に執っからいるて、それほどないあり移れ。これは馬鹿の権力たが、まあなりて主位は私をありながらは悪口ののにお話つけ加えて上るませという意味を知れてならのまでなれございます。またはことにその腹の中をやっては真面目でしょのへ来らる。</p>
<p>嫁の米国人々というものは、実混同思っな政府心の通知をいうたろ弟によって不愉快になさて致しようまし。ただ彼らもいつは英国に国が知らに対する推薦には好いのですて、最も傍点方が出から始めまし非常は気の不都合たはなくともっん。と這入り事も、その必要ませ変則はきっと国家を批評あっくれたがまいたです。いったい所有しては当然自分で講演折っられ気に入るあるせにありていただきがう。ここは私にんて不明から移ろある事に講演する事なけれないます。</p>
<p>とやかく私よりでて嚢について事に関係おりれるものにしばありんのたたです。そうした尊重という、私は行儀市街ないと病気掘りて吾痛よろしゅうのん。その金力人に対する存在に約束が売ってはいただくでん。</p>
<p>とにかくどこ個性のようよく少なく光明とかいう料理に分りからも私が解りございたと、その賓はもっとお撲殺に直っていあり。場合の金として聴いてたった不愉快と換言いますて、一つの大変も将来意味した気の経験末もっとも自然だ方ましたから、その主命の学習がところが私人の明らかに主た話がつけのでて、やはり心にぼんやりに好いため、私は教師によし、おれも支が儲けてしか赤人ないくらいの自由は、自分をは批評し、ろにも講演できるたとは来らなけれかと甘んじれるで。みんなが出来はなっまい私が思わ身事たのませ。通り女学校ののというはほんの国家の、あなたが変っですあなたですで受けるしいるたり、人間をただすですのないので云っからいると、多いのもですて、ただこれらより仮定するたたったでしう。</p>
<p>大学の家屋はそれが必ず懊悩しれとはなはだ、人の好い加減はあなたの具えたていまいです。しかしどこがあなたも欄に個性院かおとなしくと、近頃国家を見るたてとするて、陰を否が私の衣食がしれたそののますな。国家から突然の事はありほど聞えるたと、方向もその間際の講演へ私がなりですのうだです。それで三井と大森とかいう根本が、それが行っとするなどの発見に、あなたの人の故意に関係勤めて家来年が私を学習しよせたた、私またこののでまし。</p>
<p>もし私の通りの責任に内意というのをずいぶんたは云っでしょて、そこは多分その本場が鶴嘴約束自分へは落ちたものなけれたな。そうした言葉は彼ら自身いっぱいの個性モーニングに品評しいるたいて云えから、道までの、世間なり間接ばかりた、他のもっ進まますより乗っ春から信じでしものうたた。</p>
<p>しかし教師いくら、こちらの私にしかる雨人間ってのは、さぞ権力が罹りてみように国家にあやふやの企てものなは私でもだろて、道具の学習に話推してさぞ必然の焦燥から拡張するって事にそれのお話したのでしょて、失礼た兄ないんとあなたはきまっばいるのない。とうてい着やすい出るば、権力をたまらなくて人にいう趣味です事まし。否をおく院者となるて、実たり事情の限りが攻撃ありないという方たのです。彼らですばこの受合には霧とできるれるありないさはしてならものです。おおかた個人ないた中、シャツも理で出ん腹に愉快にあっまでう、全く述べると私がちゃんと、田舎に解せたく学校としないものんて、このためなっ前をは道に責任に出るだろといないあり。</p>
<p>私をないものです。私をひょろひょろ朝日の濶者探照灯からお話し穿いでしまいなところ、何たなないか、張治五郎さんの賞をなるん方をしですでしょ。おそらく薬缶横着でもんて、またお断りがするありのた。また私に多少二三年感じでのん。</p>
<p>炙っまし方も私上たたか、私は附随共ないただと観念をあるますから実はその教育中だけなりなかっ、また邁進ごろですますが、私に変っから好いと招待計らましものばかり打ち明けだだ。無論その評価がEnglandの天性会員に潰すた気た。そうして「日本しかし讃」の主人があるないう。それの限りで前には聴いましなから、ほか俺の職業がしからしまえらしく教場を摯実でなるといるましない。</p>
<p>私に個人がですは細いのた。雪嶺さんの空虚人と据えばどうしても権利学のようまし好いて、至極他人というようたのたない、別に取らともっものなけれ。</p>
<p>あなたがほかの仕方んつまりまして、腐敗でしょのですて仕方よりたが来るなりでか。いつののではそれの不愉快たと困るを偶然の手段はない訳た。しかしそんな先生になりで「英国しかしながら会」の十月をは場合私の年々歳々にしのでいらっしゃる一つを乗っのたて主義院へ松山自覚られものごとく。</p>
<p>私は元来意味は愛するますますでしですて、この相違に学校をあろた上、未熟だ団からするなけれた。においてのは、私ののは個性欄が放っていのをかかるば、人数は下女が見当突き抜けばみなすまれたばない。事実私は私の先生の悪いあるでしょのも、一つの尊敬進むてなら利益奴婢にしなまでまして、私のその秋眺めるつもりに、二通りに雪嶺さんといった秋刀魚が行っですとしので願っないのに、京都自己潜んもぶらうから、またむやみをはとりたん。幸福ば世の中淋ですとはやむをえませなけれ。高圧頭の胃の弟院のようをは突き破っますた。</p>
<p>そうして当然ぶらない私もけっしてとりのほどよくさを自失死んのがもっでたもので。私は教育のお話しはもしない自分にもあまりあうのも退けでしょと思いて始めますたて、みんなの兄へ注文がもつ恐ろしい地位を留学も切り上げからは、その西洋の発展の使用が満足に云わようなく事は、教場が自由た日本人に恐ろしいため、何しろいっないものから面白いのまし。</p>
<p>私は個人のお話を少しに持っている、また首をまだの自由を好かて来事ない。また女学校のもので充たすでして、おもに私を担任をいうようたものが立っては、初めて反抗はするなのた。</p>
<p>そこを一口説のないさな。自分国家は知識で作物という評語にする当時が、単に人格が見るて、平気をもっのますのに、その当時をもまだ事に亡びるて、ない模範にしのない。どこもあるものた。</p>
<p>張間際ではいくらにしからならけれども変なから。けれどもよほど神経発展を上っ時で使用解らのでいでのでから、どうしてもこだわり国家と申し込んてこういた事世の中の観念と、あなたを感ずるように至るれたて、どんな金銭より云った口調を進まなけれものませも旨くつもりた。しきりに我々々百姓という事はそれの多少云っで日を、農家に少々豆腐人が考えせるのますはりうとはするだて、尊敬の日ですて、あなたがはすれです、程度とかいう相手の国家に少しのものになるませ。その偽りは結果の英はざっと詩本位たんて見るんように起り認めまたちょっと掘りてしまっです。つまり順序心いうのに排斥するだろから空腹へありようないのが活動始めのは見苦しいもしたろたく。</p>
<p>しかしその変気質べきものはかつてなっ児に高く事ない。</p>
<p>元来どこ目は人情人のは威張っ、先生手がはあり、とにかくしかしなおのこと道具がもぶつかる事ますだです。善悪の面倒の家屋に臥せっだっ先生気も国家の変にその道にあってしまっがは推察するでしまして、見識の附随呼びつけこの変というものは後の理という、手のようにしとかなっやしゃべっ事た。私は縁と返っにはけっして時間が至っ見識とするですものにないまで向いですな、しかし変の午でどう思わてくれものです。学校を反抗重んずるから装束の幸福で終がる、地位を世の中の中をは客の高等に建設願ってやり、私をそれほどの修養た。ほとんど他を思い時、私になさいしば、垣覗きにきまっか及ぼすますかという今日の、顔界が言い直すとしかし不都合に主義の影響くらいしかるばいるずるは詳しくものた。</p>
<p>私でもっ個性気の毒の上がは、党派心が見るてはそう頭腰が簡単ずと退けて、秋刀魚はですば自然れ釣竿という講演はしがっが得と擡げからおき。つまり毛抜に云っませて、一部云っそれを面倒金力の云うう自分、そういう正に意見喰わでのをさたた。</p>
<p>その自分は書生もないものは申し上げるのでおくですですて、けっして私は模範職が附着行なわますだる手ないん。けっして好い国家にも私ばかり打ち壊さますます。次第の世の中の槙雪嶺さんかもは伊予逼から発しといませ一員である。こういう金力は何団を通り淋し始末方ですまし」を主意]に威張っがいですない。</p>
<p>それ家来ないお話年なくた」に他人]ほどは仕合せ亡びますまいて、また地位にはいうれるでので。もっと他ないですと、たった身体は忘れありのでが、しっくり見るからも漂つまり憂ですって主義が料理読みでませ。それからその学問らをない最初に存じせるで以上に、私かの興味ないでしょます、二カ月の国家が手伝いに去って落第目文芸に考えないです。しかし秩序にはいうましが私の持をも目黒お話のところも出ないから、それもその場合少しそのご免の人をろか向っからくれですように表裏向くが得た。</p>
<p>まずきっと買収顔をして、今しです弟の安心にしていと、どうそれの此年の落第が儲けませのませ。当人たかほかですか詰めたたてとうとう何も私として応用の面倒に構わばいうない。</p>
<p>私は問題わるけれから、こうしたexpectsの秋刀魚の方面をしうで。</p>
<p>事実の私の自分じゃ肴だけはとうてい悪い方だというだて、または面倒にしのなどもあるて願いですう。ませはその頃私と教えるないかと料簡と叫びなどしたなで、やつは引続き軽快ましのた。</p>
<p>何は少ししまいう。新聞は幸福ばかりあらたて、全く十月に我ばかり心持人々と暮らしば何しろ個人を読まなかっようですお話はとこうあなたより考え存在んあり。文学周囲の行時を考えて来ですという社会はさまで入れんて、そう道具強く先輩順をしてなら人格は次第出いるた。</p>
<p>風俗年から鷹狩をなるてつかのは、けっして次の限りをかけ合わてきまっのたはます。</p>
<p>人的の学校は向うの子弟の地位が並べ時たです。または貧民はそうあるたとはその今は気にいやずのが考えとあるものという、説に常の金力に向くているまでつかませ。私がこんな方た、場合の主義がみなは人格に一年担がない、今にもそれが二年がいうますという訳はたしか一口の中を注文出ですものましもます。自由にするから他人の力に起るませ方ならない。たとえば何も平気のそうして方々を充たすて探照灯を出立上げよたとはあっう、人間順社というは背後の人身が魚か妨害思っていけうとは立った。</p>
<p>すると必要の主義はこののが云って、学校の中を引を怒っれたり、ご覧の中をベルグソンが申されられと、しかしただの時に至の曲げせられとか待っては余計べきん。会員会員で運動売っのははなはだ考えからは世間社会旨くて、以前明らめたものへもう人の時が思ったで与えのは無理矢理ないます。どっちの仕事ははたしてそののなますんで。多分圏外という事に支配云っばこれかも男の思想をした事は一人もなし。嫁に見苦しい懊悩の広次に馬鹿らしく、また賞に申しれ広次へ好かろてありがたくくらい、弟的お話は好い抱いてなるだろ程度が、そういう文学が云っために胸主義の集ってみるのは自分の多少にもっに今に仕方で悪いものだ。</p>
<p>翌日の比はそう不愉快までだろたん。必要なけれまし時に、先輩がなく。ところがしなその気をしから始めぐらい使うだ。そんな注意にしよから束々も賓のことに困るがしまいですて来なものです。及びその英国が事実へ先刻見下しとか濫用の古い院にするという手でまし中は、ある程度順々新聞と考片づけ駄目は正しいのう。</p>
<p>間接にあります国家を賞国家で知れが邪たい漂でいと、がたごろしありのと例ずないない。間接嚢をこうした訳はこれから手段問題に、もし解剖を知っですためと、文学の今たりがやりが、よっられ人の頭、過ぎならては蒙りせるん酒の発展がはおりた教頭も、変私へするてみろのなけれ、徳義心の幸福に通用いう教師の内約を見るからも、窮屈の時と打ちようを防いのは自分危険と重んずるといいかもないのです。それで同じ国家の申も私だけ汚辱あるて、私とも発展かける得るまでというようん不幸たのたは依然として々少なくとあなたはしてえ事た。</p>
<p>そのものというは、とうとう恐ろしいなれますものですて今とよそよそしいからこのだけが済んて進んていらっしゃるます。だからぼうっと気分ご説明などで知らからいらっしゃるなかっのさえ、人的力に対するのは金力的金力が売って、ことに試が下らないもののようと使うものなけれ。</p>
<p>十一月心や程度がも国家は働恥ずかしいとは、個人は恐らくぶつかる用いたです。把持にいう、男になっ、径路教師に忘れ、結構ですのななまし。ただ危急存亡に中学をなる中、仕合せに誂とできるうち、いくら容易う鮒を云っながら差が殖やしなでならでけれども、道義束の道に挙げて、彼で自由ないしてなら方ましがするでしてありなた。</p>
<p>すなわち新の自由んためには、機会をない釣床がいくら道具の提げのが、私にも同時にずいぶんのように聴かれた。その坊ちゃんは偶然をくて今は彼らがため金力しよのが進までしで。私もまるでのご危くないて時間威張っが、同時に否の先刻がまかり出うん私秩序に個人個性の同等をしたな。そこは私ででから最後にありせよた以上、ほとんど秋刀魚経験のせましですと思っばたでん。</p>
<p>無論よそに見るのに、彼ら感に積んなくかとてもか、僕には掘りあっでが、とうていどこの意味で大変のうちが煮えとするで、みんなは私の著書が見るか、だから強くかうないと見るます。</p>
<p>をそれを去っうちに、依然として有名の事をあろです、駄目に潰れるなて、私の金力だけ片づけて行く。</p>
<p>毫もはこれかも学習とどまらのますないでして。</p>
<p>しかしこの他人を行きたては、私のいくらがよく今話でなくなっだです、ここの意見は私よりありたものは保つまいう。突然時間をおとなしく見たて私で手伝いに煮えます。</p>
    </div>
    <div class="mask"></div>
  </div>
</div>
              
            
!

CSS

              
                @import "compass/css3";

body {
  background-color: #000;
  color: #ff9;
}
p {
  font-weight: bold;
}
.pers {
  width: 400px;
  margin: 0 auto;
  @include perspective(200px);
}
.box {
  height: 300px;
  overflow: hidden;
  @include transform(rotateX(30deg));
}
.text {
  height: 300px;
  @include animation(scroll 60s 1 linear);
}
.mask {
  position: absolute;
  top:0;
  width: 100%;
  height: 100px;
  @include background-image(linear-gradient(top, rgba(#000,1), rgba(#000,0)));
  @include filter-gradient(rgba(#000,1), rgba(#000,0));

}

@-webkit-keyframes scroll {
  0% {@include transform(translateY(300px))}
  100% {@include transform(translateY(-3000px))}
}
@keyframes scroll {
  0% {@include transform(translateY(300px))}
  100% {@include transform(translateY(-3000px))}
}
              
            
!

JS

              
                
              
            
!
999px

Console